自販機

自販機ビジネスが激アツ│省スペースに設置するだけでラクラク運営

パートナー業者を探す

自動販売機

自動販売機を設置してビジネスをスタートする場合、パートナー業者を選定する必要があります。ドリンクのメーカー次第で売上が変わりますし、メーカーに関わらずセルフで仕入れる運営スタイルもあります。

詳細へ

現場調査をしてもらおう

缶

自販機を運営する場所が的確かどうかを判断するために、現地調査をしてもらう必要があります。この時に問題なければそのまま設置工事を行なってもらい、商品の補充もしてもらえるのですぐに運営がスタートできます。

詳細へ

ビジネスに活かせる

缶

日本国内にたくさんある自販機。いつでも好きな時にジュースやお酒などのドリンクを購入することができます。最近はドリンクだけではなく、パンやお菓子などの自販機も登場しており、バリエーション豊かなので、ニーズに合わせて設置をするといいでしょう。これらの売上は設置する土地の所有者や地権者が自由に取り入れることが可能であり、収入を得る手段となっています。店舗を運営する場合は商品やサービスを提供するのに十分な場所と従業員を確保しないといけません。しかし、自販機なら省スペースで運営することができますし、無人でも問題なし。つまり、土地を有効活用しながら無駄なく収入を獲得できるのです。

自販機で販売されているジュースの値段は、だいたい100円から120円。手頃な価格帯であることから、通行客が何気なく利用されるのでしょう。ただ、運営側が気になるのは、1ヶ月どれぐらいの収入が得られるのかどうかです。もちろん、設置する場所により、人通りやニーズも違うのでバラバラです。しかし、仮に1日100本程の販売があれば、1月はたりに換算すると約10~12万円程度の収入になります。設置にかかる費用や運営費などを差し引いても、十分な収益があることは分かるでしょう。しかも、24時間365日稼働させることができるので、人に左右されることなく運営を続けることができます。これが、自販機を導入するビジネスの醍醐味であり、空きスペースをうまく使うテクニックとして活かせるわけです。

オフィス空間の改善

コーヒー

本格的なコーヒーが味わえるオフィスコーヒーサービスは、法人契約の人気が高まっています。最近は喫茶店で飲む焙煎式もあるので、職場環境改善や作業効率化にも役立つサービスです。

詳細へ